海外FXの基礎

海外のFX会社と日本国内のFX会社との違い

海外のFX会社と日本国内のFX会社では、レバレッジやサービスなどに大きな違いがああります。

 

両者にどんな違いがあるのかを見ていきます。

 

ハイレバレッジ
海外FXランキング

海外FX業者の最大のメリットは、レバレッジの高さにあります。

 

日本国内では、2011年8月にレバレッジ規制が施行されたため、以前はレバレッジ400倍のFX業者もありましたが、無くなり、現在では最大でも25倍までに規制されています。

 

法人化することによってハイレバレッジでトレードすることも可能ですが、敷居は高いです。

 

しかし、海外FX業者なら個人でも簡単に口座を作れるうえ、一部の国を除いてレバレッジ規制がありません。

 

そのため、ハイレバレッジでのトレードが可能になっています。

 

海外FX業者によっては、InstaForexのように、最大で1、000倍のレバレッジをかけてトレードできるところもあるので、投資資金が少なくても大きな取引が可能です。

 

たとえば、運用資金が10万円だとすると、レバレッジ25倍が上限の国内業者では資金を最大で250万円しか動かせません。

 

1米ドル=100円で計算すると2.5万通貨でのトレードが上限です。

 

一方、レバレッジ1、000倍のInstaForexでトレードすると、資金は1億円を動かせることになり、100万通貨でのトレードが可能です。

 

最大レバレッジでトレードすることは、あまりありませんが、それでも魅力的であることには変わりないでしょう!

1枚(1ロット)の通貨数が異なる。

国内FX会社の場合1枚(1ロット)は通常1万通貨ですが、海外FX会社の場合は、桁が一つ増え、10万通貨になる場合が多いです。

 

また・・・、

  • 口座の種類によって1枚(1ロット)の通貨数が異なる場合もあります。
  • ミニマム口座を設定している業者は、千通貨を意味しているケースも

    あります。

 

海外業者で取引する場合は、ホームページなどで事前に1枚(1ロット)あたりの通貨数を調べておかないと、トレードするときに想定外の通貨を持ってしまうことになるので、気を付けましょう。

入金額に応じたボーナスがある

海外FXの大部分の会社は、入金ボーナスというサービスを行っています。

 

国内業者にも○○枚トレードしたら○万円プレゼントとしますと、キャンペーンをしている業者がありますが、海外業者の場合は、投資資金を入金するだけでボーナスをもらうことができます。 

 

しかも、最大で初回入金額の100%をボーナスにしているところもあります。

 

たごし、このボーナスはトレード専用で、出金することはできません。

「追証ゼロ」0カットシステムで損失限定。

海外FXでは、「0カットシステム」と呼ばれる「追証ゼロ」サービスを導入しています。

 

これは、ロスカットされたときの口座残高がマイナスになったとしても0になるというシステムです。

 

国内FXの場合、証拠金がある程度まで下がると、自動的にロスカットされるので、通常は残高がマイナスになることはありません。

 

しかし、リーマンショックや東日本大震災、スイスフランショックのような急な為替変動が発生した結果、ロスカットされたときは、相場が荒れていたり、窓開けしたことを理由に口座がマイナスになり、追証が発生する可能性があります。

 

ですが、ポジションの損失が証拠金を上回った時点で、すみやかに決済措置を取る0カットシステム」においては、たとえ週末をまたいで大きく為替レートが動いた場合であっても、あなたの預け入れ証拠金以上の損失は絶対に発生いたしません。

 

これを利用すれば、ローリスクハイリターンなトレードも可能です。

 

たとえば、指標発表時を狙って証拠金ギリギリのハイレバレッジトレードをして、負けたとしても、追証は発生せず資金はOになるだけです。

 

勝ったときのリターンを考えると、ローリスク・ハイリターンなトレードだといえます。

 

また、Oカットシステムを採用している業者でふたつの口座を開いて、指標発表時にひとつめの口座では買い、ふたつめの口座では売りをするといった投資戦略も有効です。

 

ただし、海外FX業者によっては、指標発表時を狙ったトレードをには、出金を拒否している場合があるので、公式サイトを精読したり、サポートに確かめた方がいいでしょう。

 

日本国内のFX会社に対し不利な相違点

入金手数料が発生することも・・・。
海外FXランキング

海外FX業者に入金や出金をする方法は業者によってまちまちですが、入出金時に手数料が発生することがあります。

 

国内業者ならほとんどが無料で入金することができますが、海外業者では入金額の2%~5%かかる場合もあります。

 

入金だけでなく出金にも手数料が同額かかることもあるので、たとえば100万円を出し入れするだけで、約10万円とられてしまうことになります。

 

ただし、FXDDiFOREX (アイフォレックス)など、手数料がかからない海外FX業者もあるので、そういった業者を利用するといいでしょう。

信託保全が義務化されていない

日本のFX業者は完全信託保全が義務付けられていますが、海外業者は法律で信託保全の義務がないため、完全信託保全をしている業者はあまり多くありません。

 

仮に海外FX業者がつぶれた時に証拠金が戻ってくる保証がないという欠点があります。

 

しかし、信託保全の義務がないとはいえ、全く信託保全をしていない業者ばかりではありません。

 

たとえば、XMは、2万ユーロまでは信託保全しています。

iFOREX (アイフォレックス)

海外FXランキング

海外FXランキング